ローレンシャンスクールの南山小学校受験対策

ローレンシャンスクールの知恵と経験を、現場からの生の声と共にお伝えしていきます。
by iq-kids
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
幼児教育
小学校受験
グローバル教育
未分類
以前の記事
2019年 01月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 04月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 09月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
links
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
平成最後の新年 あけましておめでとうございます!

新年明けましておめでとうございます!


新たなメールマガジン(note) も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

https://note.mu/kazuyo_nakamura/n/n454360e40e9e?fbclid=IwAR11IVM6y9PABfOdFYFuJ0t77QxA77S3JGoGuwK2WIzQs3xaiz_f4Qp7kS4・

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

平成最後となる新年、みなさま明けましておめでとうございます。



本年も、どうぞ、よろしくお願い申し上げます。



さて、唐突ですが、みなさまは、大晦日の紅白歌合戦、ご覧になられましたか?



昨年は、スクール43年史上初めて、冬合宿を12月28日から30日まで、レゴランドホテルにて行いました。

(学びの振り返りはスクールフェイスブックをご覧ください :https://www.facebook.com/laurentianschool/)



今年分のすべてのエネルギーは使い切ったとばかりに、いつもはゆっくり観ることができない紅白歌合戦を、何年かぶりに観ました。最後のフィナーレは、サザンオールスターの桑田佳祐さんとユーミンと、北島三郎さんの3ショットという豪華メンバーでしたが、



平成最後の紅白歌合戦の締めは、全員が昭和からのスター達だった、ということが印象的でした。



そして、それを観て、昭和と平成は地続きだったけれども、来年から始まる新しい元号の時代は、きっと、これまでの続きというより、新たな時代の幕開け、になるのだろうという感じもしました。



スクールでは、今年も、これまでおこなってきた、新たな時代への学びにシフトしていける仕組み作りと、子供達の時代に対応でいる力をはぐくむことに、さらに力を入れていきたいと思います。



特に、さらなるテクノロジーの進化に対応すべく、テクノロジーを使った学びの仕組みを作りとともに、そこに、移行していっても、十分に力を発揮できるような幼児期の体験や主体的にものを考えることについて、セットで取り組んでまいります。

(クラウドファンデシングにもチャレンジします!)



今の子ども達は、早ければ、小学校低学年で、ユーチューブやインターネットでつながるゲームにアスクセスするようになり、その後は、どんどんSNS

の世界につながっていきます。新年のNHKのど自慢大会がバーチャル空間で、Vチューバーが歌っていたことも、新たな時代を象徴している気が致しました。



だからこその、幼児期から小学生時代のマナの体験や五感を意識した学びの経験が大切です。



今年は小学校受験にチャレンジした子供達が全員合格という機会をいただきましたが、これまで以上に、小学校の合格が、こらからの人生の保証にはならないこと、ただでさえ、島国で同調圧力の強い傾向のある中で、



私立の均質的な環境の子供達同士の学びが、よいものに作用するためには

それなりの工夫が大切だといく思いを強くしております。



そのため、スクールで小学校受験を経験した子どもたちには、ひきつづき、グローバル合宿やプレゼンテーション大会、クリティカルシンキングなどのプログラムに、積極的に参加し続けるよう働きかけています。

スクール生の一人ひとりが、自らの個性や興味関心に向き合いながら、目を見張るような成長をみせており、小学校受験で取り組んだことや、見えてきた課題を最大限に生かす形の継続型の学びのプログラムが出来上がってきている手応えと実感があります。。



小学校受験をお考えの方はもちろんのこと、我が子が、未来で力強く生きていくための継続型のプログラムは、0歳児から受講可能です。10歳ぐらいまでの一年一年が、本当に大切です。



グローバルリーダー合宿も、親子で参加されるかたもいらっしゃいます。(4歳さん)



ローレンシャンスクールの未来に繋がる新たな学びの仕組みは、随時、ホームページなどでご紹介していきます。



現在も、少しではありますが、幼児さんのトータルレッスンやディスカッションの様子など、学びの成果やレッスンの様子などを公開していますので、ぜひ、ご覧ください。

※ https://www.youtube.com/watch?v=UUAXoWJUJ0Q



☆子供たちにも伝えます



これから、時代は、わたしたちがかつて経験したことのないスピードで、急激な変化を見せます。



子供達には、その具体的な変化について

小学校の低学年の子どもたちにも、折に触れて、スクールのディスカッションタイムなどの時間に伝えています。



例えば、年末のレッスンでのひとコマですが、小学校3・4年生の子供達に、



「あなたたちが大学生になる頃には、クラスの半分は外国からの学生で、日本の学生は半分ぐらいになるかもね。」と話すと、やだ〜という声があがりました。



それは、無理のない反応だと思います。



だって、クラスには、きっと、これから先、高校まで、ほとんどが日本人。



なのに、大学で突然外国からの学生さんと一緒に学ぶことになるわけですから。



今から15年ほど前、私がNYのコロンビア大学に留学していた頃、

学部にもよりますが、アメリカ人は半分ほどで、あとの半分は留学生でした。



難関の大学になればなるほど、優秀な留学生の率が高いという印象でした。



そんな中、白人のアメリカ人の男子学生に、「きみは、アジア人で、女の子だから、

圧倒的に有利だね」といわれました。



大学は、多様な学びの場として、さまざま異ったバックグランドの学生が集まることを、当時から希望していました。



そのため、多数派である、アメリカ人の男子学生は、不利というわけです。



今、小学生の子たちが大学生になるころには、これと同じような現象が、日本の大学で起きていても不思議ではありません。

この流れは、すでに、日本でも始まっています。



アメリカ人の白人男性の不満が、今のアメリカの政権の支持層であることは、



このことと繋がっているでしょう。



そうなると、今の日本の小学生の子たちが就職するころ、優秀な海外アジアの留学生にポジションを奪われて、職にあぶれる、ということだって、考えられます。

与えられたことを、しっかりできることも大切。でも、変化の激しい世の中で、

あなたはどのように考えますか?との問いに答えられる力が、本当に大切になるよね、

と、スクールでは、常に子ども達に直接語りかけています。



☆ ローレンシャンスクールは、どんなスクールを目指しているのか



小学校受験の結果発表のころに、お問い合わせのお電話が集中しました。



他の受験の塾とどこが違いますか?とお尋ね頂いたことがあります。



お電話口で、説明することは、難しいですし、そもそも、そういった質問そのもの是非を思わないわけではありませんが、


「ローレンシャンスクールには、受験のためのトータルなプログラムが整っていますが、受験のためにつくった塾ではありません。受験への準備は、手段であって、目的であってはならないと考えています。

未来を生きる子供達が本当に必要な力をつけていくために、子供達だけではなく、大人たちも一緒に、楽しみながら学び、一緒に創っていくスクールです。」と、

これからは答えたいと思います。



スクールのスタンスをご理解いただく一助となればと思い、以下に昨年度の活動と今年度の目標をご紹介いたします。



新たな元号の時代にむけて、変化し続けるローレンシャンスクールにご期待ください!

(思いが溢れて、活動報告の下にも、まだ、いろいろ続きます。笑)



・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・



《2018年活動報告》

3月: 分身ロボットOriHime を連れて、春の離島で合宿。グループプロジェクトなどを実施。

4月: ソニーグローバルエデュケーションズ 社長と意見交換会

講習会などで使用する プログラミングキッドのKOOVご寄贈いただきました。

5月: 帝国ホテル東京にて、夏のグローバル合宿の説明会実施。

6月 :校長中村が アメリカ Microsoft本社および 米国トヨタ訪問 駐在員のご子弟の教育についてのお話を伺いました。



7月: 北米視察の報告会を兼ねたグローバルキャンプの説明会

8月:ハーバード卒のデレクさんを講師に招いた八ヶ岳グローバルキャンプ(5泊6日)実施



9月: JRゲートタワーにて、第8回プレゼンテーション大会実施

特別ゲストの立命館アジア太平洋大学副学長の今村先生よりご高話。教育のグローバルスタンダードと日本の課題などについて、スクールの保護者と子ども達が拝聴。

10月: 校長の中村和世が、椙山女学園大学付属小学校校長とともにグローバル教育について講演。

11月: 南山大学附属小学校 入試および進路担当の南原先生をお招きしての講演会。

12月: 校長中村和世 京都経済団体との新たな時代の人材育成についての意見交換交流会に参加。

・アメリカ領事館主催の日米スピーチコンテスト参観

・新幹線グリーン車誌 ウエッジに夏のハーバード合宿告知記事掲載



《2019年度》



1月: 名古屋大学にて、留学生との意見交換会に参加

2月: 立命館アジア太平洋大学学長の出口先生とマリオットアソシアホテルにて対談。(昨年は、同会場にて、三重県鈴木知事と対談。)



3月: テクノロジーを使った新たな学びのプログラムについての詳細説明をかねた保護者ガイダンス(3月3日午前)スクールの保護者の方々はご参加必須でお願い申し上げます。)スクール外生の方は、事前にご予約をお願い申し上げます。

今年も、年初から、スケジュール満載です!



スクールに入校をご検討くださっている方は、1月・2月、に個別入校相談を実施しております。新たな学年の始まる前のスタートをおすすめ申し上げます。



今年、43年目を迎えるローレンシャンスクールに、どうぞ、ご期待ください。



☆ 最後に、スクール風景 と未来風景

スクール生には、0歳から高校1年生までのさまざまな学年が、相互に学び合う仕組みが出来上がっていると感じます。皆、小さいときから知っていて、合宿などで、異学年で、寝食を何度も共にしますので、全員が大家族の一員のようです。



ローレンシャンスクールは、学校での悩みなどを打ち明けられる、学校ほどソーシャルでもなく、しかし、お家とも違う、その中間のような、あたたかく自分らしくいられる場所を目指しており、少なくない子供達にとって、既に、それに近い場になっているのではと思います。



スクールの平均在籍年数は、7年ほどで、2歳、3歳、4歳ごろからスタートして、小学生になっても、通い続ける子が多数派です。なかには、2歳から14年間在籍している子もいて、本当の家族のようです。



新たな時代は、想像を超えるスピードで、わたしたちの生活を変えていきます。

例えば、スマートフォンなどの通信にも導入される5Gは、これまでの通信量の1000倍といわれており、これまで人が対面で行っていたさまざまなサービスが、一気にスマートフォン上で行われるようになることが予想されます。

アマゾンやMicrosoftなどの本社がひしめくアメリカのシアトルでは、昨年6月の段階で、すでに病院での診断結果も、スマートフォンで自らのデータにアクセスするサービスの利用が広まっていました。人々が実際に体を運んで、それに時間をとられる、ということも減り、それらのサービスにより生まれた時間で、生産性の高い人は、それまで以上の仕事ができるようになります。また、

そういったテクノロジーを駆使しすることで、 自宅、あるいは森の中で、ゆったりと仕事をしたりできることも目の当たりにしました。



テクノロジーの進歩にともなう生活の変化を見据えた新たな学びの方法、また、だからこそ、大切に守り、幼児期に身につけるべきことはどのようなことなのか、どこにも正解も答えもありません。



子ども達同様、どこかにある正解を探すのではなく、わたくしたち

大人も全員、自分の頭で考えなければなりません。でも、実際には、子供達の日々の成長に対応していくだけでも大変で、なかなか、夫婦だけで、また、ママ友達との情報交換だけでは、未来はみえてこないというのが実情だと思います。



広く世界の変化を見据え、先進的な事例や取り組むとともに、我が子の学びの場を、親子共々学びながら、ともに創っていく必要性をこれまで以上に強く感じています。ローレンシャンスクールのこのような考え方にご賛同くださり、ともに時代の変化を楽しみながら進む仲間になりたいと思ってくださる、素敵なご家族の方との素晴らしい出会いを、今年も心よりお待ち申し上げております。



末筆となってしまいましたが、



これまで、このような学びの場に対するご理解とご支援をくださいました皆さまにこころより感謝申し上げますとともに、

皆さまのご期待に応えるべく、今年も、新たなチャレンジを続けて参りたいと思います。



みなさまの新たな一年が、笑顔あふれるものとなりますように。



本年も、どうぞ、よろしくお願い申し上げます。



2018年1月3日 午前2時45分 自宅書斎にて


# by iq-kids | 2019-01-04 14:22 | グローバル教育
『ローレンシャンスクールから、小学校受験への特別な思いを込めて』
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 

  『ローレンシャンスクールから、小学校受験への特別な思いを込めて』


☆ 最後に、お知らせがございます。


台風続きの二週間、また、三連休が終わり、これから、本格的な勉学の季節となります。

ローレンシャンスクールでは、かねてより、小手先だけの小学校受験の準備は、意味がないどころか、

子ども達の健全な心身の発達の妨げにもなり得る諸刃の刃であること、


わたくしたち大人とその教育に携わる者たちは、それをしっかりと認識し、取り組むことの大切さを訴えて参りました。



これからの、まさに激動とも言える変化の激しい世界で、しっかりと自分の力で生きていくための力を育むために、

小学校受験をきっかけに、これまでの子育ての見直しと、課題を見つけ、小学校に入ってから、


その子の良さが最大限伸びていくための、ひとつのステップとして、小学校受験は、誠実に、真摯に、とらえる必要があります。

そういったスクールの姿勢や取り組みに賛同下さる素晴らしいご家族の方々に支えられ、

これからの子どもたちに必要な力を育むためのプログラムの実施に、わたくしどもは、日々、誇りと大きな喜びをもって、取り組んでいます。

この度、小学校受験をお考えのご家族の方々にむけて、以下のような時間を計画いたしました。


みなさまにとりまして、実りある豊かな時間となりますことを、心より念じ、計画いたしました。


ご関係の皆さま方には、是非、ご参加くださいませ。


 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


 ☆ 本年度受験予定の年長児のお子さまにご参加にいただける

『南山大学附属小学校 南原るり子先生をお招きしての特別プログラム』のご案内

2018年11月4日(日)午前のお時間帯で、(10時〜12時頃を予定)

南山大学附属小学校の入試担当でいらっしゃいます南原るり子先生をお招きし、特別プログラムを実施いたします。

受験の直前の大切な時期に、お子様方はもちろんのこと、保護者の方々にとりましても、最後の調整を行う、一番大切なタイミングで実施する、特別プログラムのご案内です。

ローレンシャンスクールでは、お一人おひとりのお子様はもとより、ご家族のみなさま全員が、心身ともに最良の状態で、試験当日を迎えられるよう、

先生からの、また、スクールからの、あたたかいエールとなるよう、みなさまに、ご案内申し上げる次第です。

ご参加希望の方は、メール・お電話・スクールHPお問合わせページより
お申し込みください。

日時:2018年11月4日(日)
   午前10時〜12時 

☆事前のご質問、また、当日、質疑応答の時間も予定しております。

ただし、すべてのご質問にお答えいただけるということではございませんので、予めご了承ください。


会場:ローレンシャンインターナショナルスクール
     (東区 徳川美術館より 徒歩5分)
   
   ※詳しいアクセス方法は、ご案内の文末または、ホームページをご覧ください。


ご案内をさせていただきますのは、以下の方々が対象となります。


この度のご案内に際しましては、プログラムの構成上、お席に限りがございます。あらかじめご了承くださいませ。



☆ 現年長児:ローレンシャンスクールの秋期特別講習の受講者とその保護者の方々


☆ 年少児・年中児:ローレンシャンスクールの入校を検討されている保護者の
  方々。


(人数が定員以上になりました場合は、スクールの秋期講習会、または、冬期講習会の受講者を優先的にご案内させ
  ていただきます。)


☆ 0歳から3歳児:ローレンシャンスクールの入校を検討されている保護
  者の方々。


☆ 南山小学校への転入学・編入学希望者の児童とその保護者の方々。


メール:info@laurentian.jp

お電話:052 932 1353 

・火曜日から金曜日の午後1時〜7時
                
・土曜日の午前10時から午後5時

スクールHPお問合わせフォーム:http://iq-kids.net/contact/index.cgi



アクセス方法:
《公共交通機関》
・基幹バス『徳川園新出来』より徒歩2分
 (名古屋駅バスターミナルより15分)


・地下鉄および中央線 『大曽根駅』よりタクシー3分
 大曽根南口より、徒歩10分

・地下鉄『車道駅』よりタクシー3分
・地下鉄および中央線『千種駅』よりタクシー5分
《自家用車》
名古屋高速『東新町』『吹上東』より、7分。

スクール専用の駐車場スペース、また、近くにコインパーキングが複数ございますが、数に限りがございますので、ご了承くださいませ。


 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

『 お知らせ 』


☆ 10月20日(土)椙山女学園大学附属小学校にて、海外で10年以上仕事や留学経験のある校長の中村が、

グローバル教育と小学校受験についての講演会を行います。

詳しくは、スクールホームページ、または、椙山女学園大学附属小学校に、直接お問い合わせくださいませ。


☆ 台風により延期となりました保護者ガイダンスは、今週末10月14日(日)実施となります。

詳しくは、スクールHPをごらんください。


☆ その他、お泊まり会、読書会、秋の講習会など、ローレンシャンスクールは、これから、楽しいプログラムが

もりだくさんです!

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


大切な子どもたちの教育のこと、未来の日本や社会のこと、真摯に、誠実にとりくみ、

ともに歩むことのできる、素敵なご家族の方々との出会いを、心より楽しみに

お待ち申し上げます。


ローレンシャンインターナショナルスクール
校長 中村 和世


 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・




# by iq-kids | 2018-10-08 17:22 | 小学校受験
夏が終わり、秋が始まります。
・  ・  ・  ・  ・  ・  ・ ローレンシャンスクールの合宿を含む、4週間の夏の講習会を終え、台風迫る、ホテルの一室から、こちらのメールマガジンを書いています。この夏も、南山小学校受験を11月に控えた年長児の子ども達だけでなく、もっと、おちびちゃんたち(最年少は一歳)、また、小学校受験を終えた、小学生たちが、それぞれ大きな成長と飛躍の夏となりました。9月からは、また、落ち着いた生活を取り戻し、勉学の秋を迎えます。 ☆ 早 10年20代のほとんどを海外で過ごし、日本に戻ってきて、ここ名古屋に、理想の教育を実践する場を創りたいとの思いの最中、母校の南山学園が小学校を創立して早10年。将来、後輩になる子たちの大切な時期をお預かりするようになってから、たくさんの素晴らしい出会いがあり、南山女子部でも、スクールの卒業生たちが活躍しています。南山小学校でも、今年の夏は、創立10周年の記念行事が行われ、スクールの在校生も参加したようでした。 ☆ 受験への想い小学校受験は、扱いがとても難しいです。多くの専門書の指摘を取り上げるまでもなく、幼児期の教育は、大変重要です。これからの時代を生きて行く、子ども達の大切な心身のベースを育んでいく時期に、受験ばかりにあまりにもフォーカスした取り組みは、とても危険であることも踏まえ、わたしたちは、教育のプロフェショナルとして、ビジネスではなく、採算度外視でスクールを運営して参りました。保護者の方々とも、密な連携を取りながら、誠実に、信頼関係を築きたいと思い、毎日を過ごしています。昨今、あちこちで、言われていることですが、大学受験を含む、すべての受験にはノウハウがあり、そこだけに特化した取り組みをすることは、あまり意味がありませんし、また、そんなに難しいことでもありません。(特に、幼い時期に(ペーパーのみの)学習を強いるのは、大変危険です。)けれども、その結果が、長い目で人生を見たときに、『その子の良さや強みが開花する』ものにつながるかどうかは、別問題であり、社会の大きな課題にもなっています。ローレンシャンスクールでは、そういった、ノウハウと、その子のよさや強みが開花するための、長いスパンでの教育とのバランスをとりながら、取り組んで参りましたが、ここ一・二年の、世の中の急激な変化を見ていると、もっと、軸足を、その子の人生、その子のよさが開花するための教育のほうに、重心をおきながら、小学校だけでなく、あらゆる受験に取り組むべきだろうと考えて始めています。ローレンシャンスクールでは、これからさらに必要とされる、新たな世界を生きる子ども達のための、新たな教育にも、本腰を入れて、取り組んで参ります。 ☆ あれこれ、もりだくさん!母校支援の一環として、南山小学校受験専科以外にも、・グローバルリーダーキャンプ:南山常盤会で、ご紹介いただきました。:http://iq-kids.net/information/event/3893.html子ども未来サミット: https://www.facebook.com/globalkidssummit/(フォロワーが225名になりました)・アートシンキング・デザインシンキング・美術館プロジェクト・ディスカッション・ディベート・プログラミング・ロジカルシンキング・クリティカル・シンキングなどのプログラムにも取り組み、受講者数は、のべ1000人を超えています。ローレンシャンスクールのフェイスブックページに、盛りだくさんの写真でご紹介していますので、是非、ご覧ください。https://www.facebook.com/laurentianschool/(フォロワーが、228人になりました)一応、インスタグラムと、中村和世の個人ページもあります。個人的に興味のある記事などをシェアしています。インスタグラム:https://www.instagram.com/laurentianschool/?hl=ja中村和世フェイスブックページ:https://www.facebook.com/NakamuraKazuyo2012/about?lst=100002008346901%3A100002008346901%3A1534993400 ☆ 9月は入校説明面談強化月間です。ローレンシャンスクールの教育に、ご関心をお持ちいただける方、理想の教育、新たな時代にむけた、新たな教育をお探しのご家族の方々、どうぞ、お気軽にお問い合わせください。ローレンシャンスクール入校説明会ご案内:http://iq-kids.net/information/info/4021.html素敵なご家族との出会いを、心より楽しみに、ご連絡お待ち申し上げます。・2021年、ローレンシャンスクールは、創立45周年を迎え、その記念イベントも計画しています。・始めたばかりですが、ローレンシャンスクールの卒業生、在校生のフェイスブックページを開設しました。南山の関係の方も多くいらっしゃるので、南山つながりのページとサロンも創りました。(サイト登録者が50名になりました):https://www.facebook.com/南山子育てパパママ座談会-2035484196729555/?modal=admin_todo_tour南山のご卒業ではない方も、大歓迎です。お友達とご一緒に、ご参加下さい。・ローレンシャンスクールの入り口が、少し、かっこよくなります。後記:小学校受験を終えた、スクールの小学生のお姉さん組(3・4年生)に、「スクールの入り口はいったところ、夏休み明け、少し変わっているよ、ちょっと、ゴージャスにしようかなと思って」と伝えると、「なんで?」と、質問されたので、「みんなにあわせて、ゴージャスにしようかなと思って」と答えると、「そっかぁ〜。」と、違和感ない感じ。笑えます。今月入校してきたばかりの子は、「せんせい、ごーじゃすって、どういうこと?」と、目をばちくり。こちらも、かわいいです。お受験組の子ども達も、毎日、たのしく通っています。・メールマガジンも、もう少ししましたら、小学校受験を終えたご家族に向けの、新しいバージョンや小説仕立てのものも始めたいと思っており、開設の準備が整いましたら、こちらのメールマガジンでもご案内させていただきます。こちらのメールマガジンも、引き続き、どうぞ、よろしくお願い申し上げます。(登録者数が、448名になりました。感謝です。)台風の被害が、あまり大きなものとなりませんように。このメールマガジンを書いている間にも、窓から見える、海の色が、紺碧からねずみ色に変わってきており、どんどん、風雨も強くなってきました・・・・。ローレンシャンインターナショナルスクール校長 中村 和世  ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・


# by iq-kids | 2018-08-23 13:18 | 小学校受験
『ご入学、ご進級、おめでとうございます!』  〜新しい出会いの季節に〜 

/    /   /   /   /   /   /   /   /   

  『ご入学、ご進級、おめでとうございます!』  

   ☆ 〜新しい出会いの季節に〜 ☆

この春、ご入学、ご進級のご家族のみなさまにおかれましては、誠に、おめでとうございます。

スクールにも、今日は、嬉しい訪問者が大勢いらして下さいました。

また、一昨日は、遠く鹿児島の中学の入学式の写真が届きました。

4歳からスクールに通ってくださったK君からです。

黒い詰襟の学ラン姿のあまりの凛々しさに、思わず、涙が出ました。

大河ドラマ『西郷どん』の影響もあり、’’ 立派な薩摩隼人になって、この日本、世界を救ってほしい ’’と、思わず、力が入ってしまいました。

K君のご家族とは、お姉ちゃんは、スクール生全員が南山小学校合格の年に、

K君と、下のご兄弟は、スクールの男の子全員が合格の年にお預かりしました。

お子様3人の受験を通じ、10年以上、スクールに通ってくださったK君のご家族、とりわけ、

お父さま、お母さまからは、南山小学校の受験というだけでなく、

『家族が、子ども達と向き合うということ』は、必然的に

『夫婦や家族が、本気で向き合うということ』になり、

3人の子ども達の成長と、ご家族が経験された多くの事柄を通じ、大

変多くのことを、わたくしどもも教えられた思いでおります。

スクール43年の間には、数え切れないほどの素晴らしい出会いがあり、

今もお付き合いが続いているご家族も少なくありませんが、

K君のご家族との出会い、また、共に悩み、過ごした年月は、

きっと、これからも忘れることはないと思います。

これから先も、3人のご兄弟の成長を、こころから楽しみに致しております。

K君やご家族との南山小学校受験を含めた、たくさんの思い出深いエピソードは、

内容をご家族の方にご確認いただいた上で、近日中に、アップしたいと思います。

どうぞ、お楽しみに。


☆ よろこびの春によせて

この春は、K君だけではなく、他にも、南山男子部・女子部をはじめ、多くの中学校、小学校、また、高校にも進学するスクール生がおり、

連日、嬉しい報告メールやお姿に接する、一年で一番嬉しい季節です。

南山小学校や他の小学校の受験を検討されていらっしゃる方はもとより、

ローレンシャンスクールのプログラムに、保護者の方が、価値を見出してくださり、

『小学校受験はしないけれど』と、小さな頃から通い続けてくださっている方も、

スクールからほど近い、地元を代表する学校に、この春、進学しました。

本当に、この春は、喜びの重なる嬉しい年となり、スクールを信頼し、

通い続けてくださっている皆様に、感謝の思いで胸がいっぱいです。

入学式を終えたばかりの、ぴかぴかの制服姿の子ども、晴れ着をお召しになられたお母様、

そして、その姿に、少々照れくさそうにされていらっしゃる微笑ましいお父様の姿を拝見し、

この仕事に携わり続けていられることに、改めて感謝し、これからも、

『ローレンシャンスクールに通い続けてよかった』と思っていただけるよう、

この一年も、精一杯、頑張らなければ!と、思いを強く致しました。



☆保護者の方々もびっくり!大成長の子ども達


ローレンシャンスクールでは、この春も、たくさんのプログラムが連日開講されました。

小学校受験のプログラムを終えた年長さんも、この春、プログラミングなど、たくさんの小学生プログラムを受講しました。

また、昨日は、この春から小学1年生の女の子と、2年生の男の子、3年生の女の子の3人が、現代アートのプログラムに取り組みました。

幼児さん向け、受験を終えた年長児さん以上の方が受けられる小学生向けに、それぞれ、90分1レッスンのプログラムが、39×2の78レッスンが開講し、

多くの方々が受講、一人ひとりが大きな成長を遂げています。

南山小学校受験専科の、先日の、フェイジカル・バランスのレッスンでは、

別会場で、昨年、一昨年と、2年連続で南山小学校の入試で出題されたダンボールの迷路やトランポリン、ボールプールなど、

いくつかのしかけが置かれた会場で、自由に遊ぶ、というレッスンを、保護者の方々に参観して頂きながら、行いました。

その際に、保護者の方々には、『なぜ、このような出題がされるのか』について、考えていただきたいとお話ししました。


☆なぜ出題されるの?

教育心理学の立場から、子ども達の自由遊びの場面を分析する手法が、

入試では使用されていると思いますが、

この遊び方が正しい、この遊び方が間違い、というものではなく、

我が子が、他の子ども達と遊ぶとき、どのようなコミュニケーションスタイルで他者と関わり、遊んでいるのかを、知ることは、

大変意味のあることだと思います。わたくしたち大人が育った時に比べ、

今の子ども達は、セルフ・レジ、セルフ・ガソリンスタンド、マンションでの核家族暮らし、

など家族以外の多様な人とのコミュニケーションの機会が大激減しています。

子ども達が他の子供とうまくコミュニケーションを取れているかどうか、

実は、多くの保護者の方々は、よくご存知ありません。

まだ、小さな子どもだから、他の子が遊んでいるおもちゃを取ってしまっても、

大丈夫なのか、それとも、そういったときに、お友達に譲れたり、

適切な形で自己主張ができるのか、それは、何歳ぐらい迄に、できるようになるべきなのか、

これからの世の中においては、チームで仕事をしたり、自分とは全く異なる背景を持った多種多様な人々と関わっていく能力は、

これまでにも増して、さらに重要視されるようになります。

☆大学でも

ローレンシャンスクールで、3年前に夏のグローバルキャンプを実施し、

近年さらに、注目度がアップしている立命館アジア太平洋大学(APU)では、

留学生を含めた複数のメンバーで、定期試験のレポートを制作したりすると伺いました。

コミュニケーションの能力というのも、上述のような、限られた人々と、限られた日常の会話しかしていない現代の子ども達にとっては、筋肉などと同じで、

トライ&エラーを繰り返しながら、鍛えていくものと考えます。

個人としての能力を高めると同時に、幼児期に、多くの人々と関わり、自分なりのコミュニケーションスタイルが身につくよう、

まわりの大人が場を作ることは、大きな意味のあることであり、必要なことと感じています。



☆ 子ども達だけが、コミュニケーション下手になっている?


実は、大人もです。コミュニケーションについてだけでなく、さまざまな問題提起を含めた思いから、南山パパママ座談会をスタートしました。

是非、ご覧ください!


・フェイスブックページ:https://www.facebook.com/南山子育てパパママ座談会-2035484196729555/?modal=admin_todo_tour


・ローレンシャンスクールの講習会:http://iq-kids.net/information/event/3805.html

・2018 八ヶ岳 サマーキャンプ(グローバル・リーダー合宿):7月22日〜27日 

詳細は、近日中に公開いたします。

昨年のグローバル・リーダー合宿の様子も下記のサイトよりご覧いただけます。https://www.facebook.com/globalkidssummit/

・プレゼンテーション大会:9月9日(日) 名古屋駅 JRゲートタワー

・2019年夏、ハーバード大学&NY合宿:https://www.facebook.com/ハーバード大学ニューヨーク合宿-2019夏-226448917893707/


この夏の八ヶ岳のグローバル・キャンプ参加者は、ハーバード大学合宿が参加希望者多数の場合にも優先的にご案内いたします。

小学校受験のプログラムを終えた年長さんも、この春、プログラミングなど、たくさんの小学生プログラムを受講しました。

また、昨日は、この春から一年生の女の子と、小学2年生の男の子、小学3年生の女の子の3人が、現代アートのプログラムに取り組みました。

スクールを美術館と見立てた 子ども達が企画運営する素敵なプロジェクトも進行中です。

・春の入校説明会:4月22日(日)午前10時よりhttp://iq-kids.net/information/info/3783.html

・GW プレサマープログラム: 4月29日(日)〜5月6日(日)http://iq-kids.net/information/event/3805.html

・夏の合宿:2018八ヶ岳グローバル・リーダー合宿・プレゼンテーション大会:9月9日 at ゲートタワー

第一回のプレゼンテーション大会の模様です。http://iq-kids.net/information/event/555.html

2回目以降も、各界から、豪華ゲストをお迎えし、マリオットホテル、ウエスティン名古屋キャッスルホテル、

また、ご支援いただいております会社のプレミアムサロンなどをお借りし、実施して参りました。

今年は、AIやロボットなどをテーマに選ぶ子も出てきており、多くの大人の前で、堂々とプレゼンテーションするだけでなく、

自分の興味関心あるテーマを一人ひとりが掘り下げて調べ、人前で発表する、プレゼンテーション大会の意義も、ますます大きくなってきています。

・JET : 7月14日(土)ローレンシャンスクールは公開受験会場です。

保護者の方々には馴染み深い『英検』ですが、2020年度に始まる大学入学共通テストの英語で活用される4技能を測る民間試験に、8種が合格しましたが、

現行の英検が落選しました。詳しくは、スクールフェイスブックページよりご覧ください。

・ローレンシャンスクール フェイスブックページ:https://www.facebook.com/laurentianschool/?ref=bookmarks


☆最後に

ローレンシャンスクールの南山小学校受験専科は、南山小学校が創立される際に、

南山女子部・男子部・国際部の同窓会組織である常盤会より、

お知らせをいただき、設立いたしました。

・常盤会:http://www.nanzan-tokiwakai.com/web/index.html

スクール自体は、今年で43年目を迎え、10年前の南山小学校設立時には、

すでに、幼児の知能教育や、関東・関西の私立小学校や幼稚園受験を希望される方々の準備でも、

一定の成果と評価をいただいており、母校の設立する小学校、いずれは、自分の後輩にもなる子ども達の入学前の準備を通じて、

母校に貢献したいという思いからスタートしました。

そのため、受験がゴール、というようなプログラムの組み方はしておらず、

また、南山小学校の合格や、南山女子部への進学が、人生を保証するものでは、決してないものであることは、

だれよりも、よく理解している者の一人として、受験が終わった後、その子自身、また、そのご家族にとって、


小学校受験に取り組んでよかったといえる時間となることは、絶対に譲れないポリシーです。


受験のための小手先のことばかりさせるのではなく、しっかりとした段階を踏んで、情操教育なども、しっかり行いながら、

その子にとって、もっとも幸せで、かつ、その子らしさが花開く人生のサポートをとの強い思いとプライドを持ち、

現在も、スクールの子ども達、また、保護者の方々と関わらせていただいております。

スクール創立43年目を迎え、時代とともに進化し続けるローレンシャンスクールを、今年も、どうぞ、よろしくお願い申し上げます!

     ローレンシャンインターナショナルスクール
                校長 中村 和世 

レオナルド・ダ・ビンチという名のピンクの薔薇のアーチが、 

芽吹きの季節を迎えている、 スクールの一角にて。

 ※ お隣りの教室では、感受性のプログラム、上級アートと合同の、

巨大なカメラ作り『カメラ・オブスキュラ』のレッスンに、

多くの子ども達が参加中で、楽しい笑い声が、こちらの部屋まで響いてきます。


☆ 最後の最後にスクール事業拡大につき、求人募集中です。

http://iq-kids.net/information/event/3831.html

素敵な方を、是非、ご紹介ください。

・南山パパママ座談会をスタートしました。

フェイスブックページ:https://www.facebook.com/南山子育てパパママ座談会-2035484196729555/?modal=admin_todo_tour


・ローレンシャンスクールの講習会:GW プレサマー講習会

・2018 八ヶ岳 サマーキャンプ(グローバル・リーダー合宿):


・プレゼンテーション大会:9月9日


・2019年夏、ハーバード大学&NY合宿: https://www.facebook.com/ハーバード大学ニューヨーク合宿-2019夏-226448917893707/


☆ 最後の最後に

スクール事業拡大につき、求人募集中です。


http://iq-kids.net/information/event/3831.html


素敵な方を、是非、ご紹介ください。 




・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

# by iq-kids | 2018-04-11 13:20 | 小学校受験
それぞれの春 新生活 小学生バージョン
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

さあ、明日から暦の上では春です!

今の季節は、小学校受験が終わり、また、学年の移行期でもありますので、

なんとなく、次の学年まで、または、卒業まで、やや、ゆったりと、


言葉をかえると、特段、なんの刺激もないまま、毎日をルーティーンで、

過ごしてしまっている方も少なくないのではないでしょうか。


子どもたちの頭の中では、特に10歳ぐらいまでの間、脳内では、大変活発なやりとりが
続いており、

10歳ぐらいまでに受けた刺激や、それによって出来上がった思考回路を
ベースに、それから先の長い人生を生き抜いていくことになります。

ローレンシャンスクールでは、特に、これら小学校低学年から中学年の時期に、

先取りのテキスト学習以外のさまざまな学びのスタイルを早くから取り入れて、

通常の学習の中にも組み込んでいます。


今年の冬は、とても寒く、体調を崩された方も多かったのではないでしょうか。


春からの本格始動に向けて、今からしっかり計画を立てたいものです。

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 ☆ これからの時代をみすえて 〜教室風景〜


一年の締めくくりの今の時期は、子ども達が、国語、算数といった教科の枠組みを超えた、
さまざまな評価軸を使って、自ら、評価表を作り、

それをもとに、新学年の目標と
それに対する具体的な取り組み方や姿勢について、文章にしてまとめる作業を進めています。

小学校3年生の女の子が、新学年の目標を、

「狭い世界から、広い世界へ」という言葉でまとめました。

彼女は、自らのものの見方が、限定的であると感じ、より広い視野や時間軸で、ものを考えたり、
知識を得られるようにしたい、との思いを、上のような言葉で表現しました。

小学3年生の女の子が!!!、自ら、設定した目標です。

すばらしいと思いました。

お迎えの際に、お母様に、「これ、Rちゃんがご自分で考えて、
おっしゃった言葉です。」と、お伝えすると、

お母様も、お子様の成長ぶりをとても喜ばれ、また、驚いてもいらっしゃいましたが、

彼女のこの言葉が、言葉だけのものではないことは、これまで、スクールの数多くのプログラムに
参加することを応援してくださったお母様には、多くの説明など必要はなく、

言葉の背景にある大きな成長をずっしりと感じられたようでした。

彼女は幼児期から、スクールに在籍し、春夏の合宿では、熊野古道を5時間かけて歩き、
小学2年生で、6日間の軽井沢合宿参加、

昨年は、iPS細胞研究所訪問や、ハーバード大学で物理学を学んだデレクさんの講義も受けました。

また、小学一年生から、大きな会場で、毎年自らテーマを選び、プレゼンテーションを行ってきました。

その他、全国各地での美術館研修や夏のお茶会、歌舞伎鑑賞など、さまざまな体験が縦糸・横糸となって、

彼女オリジナルの模様が出来上がっているように感じています。


普段の学習の際にも、ひとつのものや事実を見るときに、デザイン思考などの手法も使い、
多角的に、多面的に理解することや、受け身の学習ではなく、その事実に対して、

「あなたはどんなことを考えた?」「疑問に思ったこと何?」

と、実際に自分で考え、言葉にすることを繰り返し
行ってきたことも、成果として現れてきているように思います。

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

☆ 具体的に、どのように?


毎年、3月に行う保護者ガイダンスでは、これらの力をどのように育んでいくのか、

スクールでの具体的な取り組みや、子ども達の学びの成果について、お伝えしていますが、

「与えられた課題をこなす」、従来の学習方法から、「自ら課題を設定し、高い目標をもって、

自分で定めたゴールを、ひとつ一つクリアしていく」学びのスタイルが、少しずつではありますが、

形になってきているのを感じています。


この春も、さまざまな学びのプログラムをご用意いたしました。

ローレンシャンスクールの子どもたちは、どのプログラムにもとても意欲的に取り組み、
それぞれが、その子にしかない、オリジナルの関心や強みを構築しています。


 ・  ・  ・  ・  ・  ・

2018年 春期講習会 &

       『春のグローバル・リーダー合宿』のご案内 小学生バージョン

日程:3月18日(日)〜 4月8日(日)

コース内容


1 STEM・プログラム 初級・中級編(3/29 2コマ、 4/5 1コマ)

 アメリカではトランプ大統領が大号令を出し、教育の新たな基軸として進められている、

 サイエンスの「S」、 テクノロジーの「T」、エンジニアリングの「E」
マスマティックス(数学)の「M」の四文字をまとめた STEM のプログラムを

ローレンシャンスクールでは、数年前から取り入れ、スクール生は継続的に学んでいます。


  :初等教育向けに再編成した新たなプログラム。

  プログラムにイラスト・サウンド付のデジタル教材をプラスし、楽しく
  興味深く力をつけていきます。

  冬期で受講された方は、中級編にチャレンジしてみましょう。

2 アート上級(2コマで1セット)

新たな価値を創造する力が求められるこれからの世の中で、実際に自らの手を動かして、
自らの考えや思考することを目に見える形にしてみせることは、

とても重要な学びの手法です。

スクール生は、さまざまなテーマを自ら設定して、制作に取り組んでいます。

:浅井先生によるアート上級コース。より高度な技術に触れるプログラムです。
ご希望の内容がございましたら、お知らせください。(水彩画・油絵・彫刻など)


3 春の生け花(上級編)(2コマで1セット)

生のお花を贅沢に使って、デザイン画を描くところから行います。

絵でイメージして書くことも簡単ではありませんが、それを立体にして表現するのは、
更に難易度がUPですが、その難しさも楽しみながらもとのデザイン画と仕上がり作品の
違いも楽しみながら行います。

作品には、タイトルと、その理由も自らの言葉で表現します。

  :春の草花を使って生け花をいたします。一つ一つの植物の植生、葉の付き方などにも注目。

小学生では花器選びから始まり、自身で空間全体のイメージをデザインしデッサンした上で、実際に春の草花を生けていきます。

4 Jerod先生と英会話!(2コマで1セット)

  JETジュニアイングリッシュテスト、英検を視野に入れた日常にも使える英会話に取り組みます。

ローレンシャンスクールでは、普段の学習は、マンツーマンでのレッスンとなり、英字新聞を読んだり、

時事問題についてディスカッションをしています。

5 漢字特訓 

  漢字は、「読む・書く」を一度にするのは大変です。90分間集中して行うことで
 覚え忘れや覚え間違いなども一掃します。ラクに楽しく覚えられる方法を伝授します。 

たかが、漢字、されど、漢字。

これからの時代は、自らの考えを、自らの言葉で表現する力が、一層求められていきますが、


熟語などの意味を正確に理解し、使いこなせるようになるまでを目標として、豊かな語彙力を
養います。                

6 プレゼンテーション / 3コマ受講必須でテーマ決め

益々重要性を増すプレゼンテーション力や発信する力は、小さなうちから取り組むことでより大きな効果を発揮します。

春はまずじっくりとテーマ選びから始めます。

自分が興味、関心のあることって何だろう?様々な手法を使って自分の興味関心を探っていきます。

ローレンシャンスクールの小学生は、ほぼ全員がチャレンジし、

毎年、ホテルの大きな会場などで、
財界からのゲストをお招きして、本格的な発表の場を設けています。

小学校4年生からは、英語でのプレゼンテーションにチャレンジ。


来年夏に開催予定のハーバード大学で、英語でプレゼンテーションができたらとても素敵です。


7 春をいただく(上級編)(エプロン・マスク・三角巾 ご持参下さい)

食は、文化そのものです。

小学生は、もりつけの器も大ぶりの焼き物を使ったり、食事を作る道具にも、ヒノキのおひつや、竹のざるなどを使い、

器や道具に込められた日本の文化や美についても考える機会といたします。

希望者には、春のお魚をさばくことにもチャレンジしていただきます。

  :春のエネルギーたっぷりの春のお野菜を一緒にお料理して、普段あまり意識できていない五感を

フル稼動させそれを言葉にして頂きます。最後は皆で一緒に召し上がって頂きます。

(時期により、材料が変わります。)

小学生の方には、幼児のプログラムから、さらにスケールアップした内容となります。

8 合宿 春の海辺&離島 「春のグローバル・リーダー合宿 」
※詳細は別紙をご参照くださいませ。(3月25日・26日 1泊2日)

古来から、リーダーとなる人が学ばなけれなならないものとして、自然とのふれあいなどを通じ、

目に見えないものや言葉に頼らないコミュニケーションを学ぶということが重要視されてきました。


春の合宿では、大いに自然に触れ、また、普段の生活では眠ってしまっている五感をフル稼働させて、

頭でっかちになってしまっている思考パターンから、「体全体を使って、考えたり発想したりするって、
こういうことだったね」、と、

子どもたちが本来持っている力を取り戻していただく、大切な時間に
できるよう、合宿中のプログラムを作成しています。
  
9 3D プログラム
  立体から平面を想像、又、平面から立体を想像し学習には欠かせない空間認知能を
  育てます。※空間認知能については、別紙ご参照下さい。


10 現代アート(2コマで1セット)

現代美術史上において重要な作品の観察から、論理的な考察や感覚的な直感を磨き、
それらを自分の言葉で表現する力を養います。

また、そうした哲学的なテーマについて、自分ならどんな答えを示せるのかを考え、実際にアート作品を考え作ってみます。


ローレンシャンスクールでは、欧米のトップスクールでは当たり前に行われているアートを通じた教育の
取り組みに、早くから力をいれてきました。

 現代アートを通じた、スクールのプログラムの詳細は、ホームページより是非、ご覧ください。

11  小論文

  作文と小論文は、どこが違うのかな?
  どんな順番で書くのかな?

  日米の論述のアプローチの違いを学び、様々なスタイルで実際に書いてみることで

  論理的に思考する力を育みます。
  楽しく小論文を書いてみます。

12  プログラミング

2020年より必修化となるプログラミングについて、キットを使い、ロボット制作など楽しく学びます。

一度受講したスクール生は、たいてい、次回も続けて受講されています。

子どもたちも、興味しんしん。


どのプログラムも多くの趣向を凝らし、大好評をいただいております

『ローレンシャンスクール魔法のレッスン』です。

みなさま、奮ってご参加下さい!


各プログラム、定員に達し次第締め切りとなります。

お早めにお申し込みください。


 4月からは、人工知能 AI について学んでいくプログラムもスタートします!

時代の変化とともに進化し続けるローレンシャンスクールにご期待ください!!



 ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

# by iq-kids | 2018-02-10 14:01 | グローバル教育