ローレンシャンスクールの南山小学校受験対策

ローレンシャンスクールの知恵と経験を、現場からの生の声と共にお伝えしていきます。
by iq-kids
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
幼児教育
小学校受験
グローバル教育
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
links
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧
受験を考える前に
もくじ:
1.年度の始まりに。
2.ワンポイントレッスン:ご褒美はどうしたらいいの?(Q&A形式)
3. ニュース:動画配信・人間の本能に基づいたしつけその1
4.読書会・講演会のご案内

受験を考える前に、ローレンシャンインターナショナルスクールが大切にしていること。

年始から、毎週末のように、入校を希望して下さる多くの方の面接をさせて頂いたり、
入校説明会などを行っているうちに、あっという間に月日が過ぎ、気が付けば、桜の季節
も間近となりました。先週の日曜日、ローレンシャンスクールでは、今年初めての大切
な第一回保護者ガイダンスが行われました。

今回は、小学生以上のプログラムを共につくっている脳科学の先生も一緒に参加してい
ただき、人間本来の欲求や本能に基づいた理論にのっとって、これから先の見えない世
の中で、私達大人が一番大切に考えていかなければならないことは何かについて、共に
考える機会を頂きました。

ガイダンス終了後は、参加して下さったみなさまから熱い思いのこもったご感想を頂き
ました。お配りした用紙の表にも裏にもぎっしり書いて下さった方も少なくなく、今後
は、ますます、わたくしどもが、皆さまが考え、知恵を出し合い、共に歩んでいく場を
作り出すことが出来るよう、がんばらなければと思いました。

これまで、わたくしどものスクールは、遠巻きに見て下さっている方が多く、何やらよ
いことをやっているようだが、実態がよくわからないといった具合で、どちらかという
と、内緒内緒で勝ち抜くというイメージがあったのではないかと思います。

スクールに通って下さるお母さま方からも、ローレンシャンスクールに通っているんで
しょう?どんなことやっているの?厳しいって聞いたけど、ついていけているの?など、
本当にいろんなことを聞かれますというお声を頂いております。

また、小学校受験は、情報をなるべくもらさないようにするべき、といった認識をお持
ちの方も多いようで、皆様方のそういった思いも手伝ってか、秘密結社のように思われて
おられる方もおありのようです。笑笑


☆ 「勝ちぬく」から、「共にがんばる」へ

先日のガイダンスの後、「これまでの受験に対する思いが、ずいぶん変わりました。みん
なで一緒にがんばることがいかに大切であるか、小学校受験でも、それはかわらないことが
よくわかりました。」と、仰って下さった方がお見えになられました。

小学校受験を通じて、ローレンシャンスクールが最も大切にし、取り組んでいるのは、
1人ひとりが自分らしく、そして、仲間と共によろこびをもって物ごとに取り組める子供
に育てるということです。

テクニックではなく、本当のやさしさ、を身につけることが大切。そうすれば、テクニックに
走らなくても、結果はおのずとついてくる。そういったことを、身をもって体験し、また、世
の中に示していける場になればと思っております。

それには、健全な自負心や自信、自分を大切にできることがまず必要であり、それがあって
初めて、まわりのお友だちも、また、自分の家族も大切にできると考えます。

人間は、本来、自分の周りにいるひとと仲良くなりたい、仲間になりたいという強い欲求
があります。何万年もの間、種として生存し続けるためには、仲間と協力することでしか命
をつなぐことはできなかった人間本来の自己保存の知恵から授かった、とても強い欲求です。

まずは、それをしっかりと踏まえた上で、 前回のガイダンスの分科会では、「健全な」自負
心や自信を育てるためのベースに何が必要かについても共に考えました。そのおおもとにな
るのは、「健全な」親子関係です。これには、自制心や行儀を教えていくことなども含まれ
ます。そいった視点から、ローレンシャンスクールは、すべてのプログラムやレッスンを考
えています。

☆ ご褒美について

Q:お子供のモチベーションを上げるために、ご褒美をあげることは良くない事なのでしょうか?

A:これには、大きなポイントがいくつかあります。

ポイント1:ごほうびが目的にならないこと。

子供は、自ら決めたことやお父様やお母様とやると約束したことをきちんと達成できた時、
とても大きな喜びを感じます。これは、他のものとは比較にならないとても強く心地よい
感覚で、この感覚そのものこそがご褒美なのです。脳の中でも、実際に喜びのホルモンが
放出され、小さなお子様ですと、スクールでのレッスンの際、がんばって出来た時、体を
ぶるぶるっと震わせて喜ぶという場面もよくあります。


ですから、ご褒美は、1:あなたが自分で決めたことをやり遂げられ、2:あなたがうれ
しい事が、3:おかあさんもとてもうれしいという、順番で、この順序を間違えてはいけ
ません。ご褒美が、目的になったり、交換条件になってしまうと、例えば同じ10のこと
を行ったとしても、一方は、

10も頑張った!すごい!うれしい!またやりたい!となり、

もう一方は、ご褒美を得るために仕方なくこなしたことで、やっと終わった、次も、
大変となり、子供が本来なら味わうことのできた「達成したときの喜び」を奪ってしまう
ことになります。

感覚としては、「共に祝う」という感じです。この大原則にのっとっていけば、がんば
ったあなたと共に、お母様がにこにこ顔で一緒におやつをたべたりするのはOKですが、
がんばったらお菓子買ってあげる、は、あまりよろしくない。

なぜなら、これですと、がんばるのは自分のためでも、そのあとのお母様と一緒のお祝
の時間の共有でもなく、物を得るために、とりあえずやりとげた、になってしまうから
です。子供に誤ったメッセージを与えないよう、順序と言葉がけがとても大切です。

物を得たよろこびよりも、何かをやり遂げた時の喜びの方が、いわゆるドーパミンがで
る状態で、こちらの方が、何十倍も強い感覚であり、これこそが、またやりたい、という
意欲につながっていく。これをしっかり理解することが大変重要です。

また、お母さんの喜ぶ顔をみるというのも、とても重要なポイントです。これについては、
明確な理由があり、それはまた次回以降、ゆっくりとお伝えしていきますが、以下の読書
会や脳科学講演会などでも、ご一緒に勉強していただけます。

☆4月1日脳科学講演会 午前10時~

幼いうちから、泣きながらペーパー演習などをくりかえすと、脳のなかで、どのような
ことがおこるのか、脳科学の先生がわかりやすく解説します。また、これからの世の中で、
本当に必要とされる、仲間と共にがんばるちからが何故必要なのか、また、どうしたら、
そういった力がついていくのか、これからの世の中を生き抜くための大切なヒントが満載
です。

☆「みんなで読書会」のご案内

人間は、目の前にいる人と仲良くなりたい、仲間になりたいという強い欲求があります。
自分のまわりに優しい人がたくさんいれば、自分も仲間になるために、優しくなろうとし
ます。

その逆に、悪い言葉や思考法のお友達に囲まれていれば、仲間になろうとして悪い言葉
を使い思考法も同じようになります。ですから、自分の子供がよい状態で育って行くに
は、自分の子供だけでなく、まわりの人たちにも一緒によい状態になっていけることが
必要です。

ローレンシャンスクールでは、この、「みなで共に」ということを体現していく1つの形
として、保護者の方々と共に脳科学を中心とした本を題材に、読書会をスタート致します。

毎回ローレンシャンスクールの指導スタッフが本を読み、その内容を解説したり、また 、
皆で体験を共有したり、知恵を集めたりして参りたいと思います。

スクールに通っていないお子様も保護者の方、また、お子様のいらっしゃらない方のご参
加も歓迎です。お茶を皆で頂くお茶会ぐらいのお気持ちで、どうか、みなさまお誘いあわ
せの上、お気軽にご参加下さい。

以下のスクールHPお問い合わせフォーム、メール、FAX、電話などで、読書会参加
希望の旨お知らせください。

日程:3/22(木)、4/13(金),4/24(火),5/9(水),5/24(木),10:00~11:00,
11:00~11:30ティータイム

参加費:初回参加は無料、二回目以降2000円、 ☆脳科学講演会:お一家族3000円
場所:ローレンシャンスクール

電話:052-932-1353 FAX:052-932-1317
メール:info@laurentian.jp

素敵なご家族の皆様との出会いを、心より楽しみにお待ち申し上げます。

ローレンシャンインターナショナルスクール 校長 中村 和世
[PR]
by iq-kids | 2012-03-12 12:03 | 小学校受験