ローレンシャンスクールの南山小学校受験対策

ローレンシャンスクールの知恵と経験を、現場からの生の声と共にお伝えしていきます。
by iq-kids
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
検索
カテゴリ
全体
幼児教育
小学校受験
グローバル教育
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
links
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧
南山小学校 マルクス校長先生の講演会
もくじ:
☆マルクス先生の講演会お知らせ
☆南山小学校一次試験まで3週間
☆成功する家庭教育の黄金律(幼児から大学受験まで)
☆こだわりの託児プログラム来春スタート

南山大学付属小学校 ハンス ユーゲン マルクス先生の講演会のご案内

来月11月13日(日) 午前10時より、
南山学園理事長 南山大学付属小学校校長 ハンス ユーゲン マルクス先生の講演会を、ローレンシャンスクール徳川校にて行います。

参加ご希望の方は、お電話、または、ローレンシャンスクールHPお問い合せフォームにてお知らせください。(要ご予約)講演会は、ご参加の人数に限りがございますので、その折には、ご容赦くださいませ。また、お問い合わせの際に、以下の方は、その旨お知らせください。ローレンシャンスクール卒業生の方・ご紹介者がいらっしゃる方、南山学園ご卒業およびご関係の方。

・・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
☆試験まであと3週間
 
南山小学校一次試験まで、残り3週間となりました。ローレンシャンスクールでも、一昨日から連日11日間におよぶ、秋期直前講習がスタートいたしました。

土曜日・日曜日は、保護者の方々にもご協力いただき、朝から本番さながらのレッスンが行われました。一次試験は、1時間ちょっとの間に、いくつもの課題をこなしていかなければなりません。それも、昨年の南山小学校の一次試験の出題内容の例であれば、身体を動かす鉄棒の試験から、お絵かき、数の扱いまで、頭と気持ちを上手に切り替えて取り組まねばならず、子どもたちには、そういった感覚を一つひとつ体で覚えていくようにしています。

分野別の個々の課題は、準備や練習を重ねてできるようになってきていますが、幼児さんで、一番難しいのは、やはり「めりはり」です。「適度な緊張感をもって試験に臨み、しかも、楽しむ時は子供らしく、のびのびと楽しめる。」これは大人でもかなり難しいことです。

スクールでは、プログラムの最初と最後に、保護者の方に向けての、日々のご家庭での取り組み方のヒントとなるようワンポイント・レクチャーをさせて頂いておりますが、今日のお弁当の課題のご説明にからめての「めりはり」のお話をご紹介いたします。

「めりはり」を家庭で教えるのはかなり難しいかもしれない。そんな風に思われた方もいらっしゃるかもしれません。けれども、この「めりはり」の練習ができる場面が、実はご家庭にもあります。それは食事の時間です。食事の時間は、楽しく、けれどもお行儀よく、また、姿勢もよく、家族全員の食事が終わるまで、よそ事などせず、会話を楽しみながら待つ。そんな理想的な練習の時間に成りえます。

みなさま、試験まで一カ月を切ったこの時期、とにかく大切にしていただきたいのが、食事の時間です。一か月前だからといって、特別なことをあせってやらせるのではなく、一か月前だからこそ一番大切な生活の基本への取り組みです。

☆子育て成功の黄金律

これは、受験にかぎらず、すべての教育に当てはまる黄金律です。お願いしたいのは、特に小学校受験では、この受験に取り組むということをチャンスととらえて、とにかく、ご家族全員で、ご家庭での食事の時間の確保を、お父様方も全力で行ってください。

人は、母親や自分を愛してくれる人の作って下さった、温かい食事が、何よりの心と体と頭の栄養になります。まず、身体が温かくなり、心もほっこり安心し暖かくなります。リラックスした状態で、いろいろなお話をすると、脳がますます活性化します。食事のお手伝いを通じて、季節や文化などの知識に関するお勉強から巧緻性や立体の感覚までも身についていきます。

慌ただしく食事をして、プリントを数枚余分に行うより、実際に体験する中で学ぶことが、プリント学習の何十倍も広い脳の領域を使います。幼稚園での出来事からニュースやお天気まで、親子での会話が増えることにより、家族の一体感が増します。そのほかにも、etc…et…。書ききれません。

「そんなことは、言われなくても、よくわかっています!」ほんとうですか?食事の時間が、上には書ききれないほどの、実に多くの学びの時間になり得ること、しっかり認識できていますか?改めて今の時期、受験にチャンスを頂いたと感謝しながら、是非是非実行してみて下さい。想像以上に得るものの大きさに、きっと驚かれるはずです。


☆ 韓国サッカー・ワールドカップの勝負食?


先日、ローレンシャンスクールでは、お母さまのお勉強プログラムの一環として、無添加の発酵食品:キムチの作り方を学ぶ為、韓国のお料理の先生をお招きしました。来て下さいました千先生は、なんと、韓国サッカー・ワールドカップ代表チームの勝負食を担当された方で、食事に関する秘密をたくさん教えて下さいました。その中でも、わたくしが日ごろの指導の実感も伴い、印象に残った小話の一つが、「電子レンジの音がたくさん鳴る家庭の旦那さんは、長生きしない。」というものでした。


まず、一家の長であるご主人の食を大切に考えること。また、あたたかい、作りたてを、家族みんなでいただくこと、これが何より家族団欒の象徴です。一家の長のご主人が、レンジでチンしたものを頂く、現実の生活の中では仕方のない部分も多いかもしれませんが、是非、食事にだけは、母であり、妻としてのプライドとして、どうか、こだわって取り組んでください。それが、一番間違いのない、また、成功するための一番の近道だからです。けれども、同時に、一番大変なこととも言えるでしょう。


ローレンシャンスクールは、34年間の間に、何千組のご家族を見守らせて頂いた実感と実例にともない、「家庭での食事の内容と子どもの学力には明らかな相関関係がある」と断言できます。今でもスクールの、語り草になるようなご家族、子どもたちがよい成果をだし、どんどん繁栄されているお家のお母さまは、すべからく、ご飯作りに全力投球でいらっしゃいました。

中学受験で、お弁当を昼夜2食届ける際、スクールのスタッフ全員のぶんまで、手作りの特製 いなり寿しから手作りパンまで、いつも大きなお皿にたくさんたくさん持ってきて下さったお母様もいらっしゃいました。


残り短い時間ですが、ゆとりある家族での食事時間の確保を一日の生活の主軸におき、子どもと共に、出来る限り、ひとつひとつを丁寧に過ごしていく。これこそが、成功への近道です。

次回は、ローレンシャンスクールで実際に指導下さっている他の先生(高校生と中学生のお母さんでもあります)方が、日頃のレッスンを通じて思う事やレッスンの様子などをご紹介いたします。どうか、お楽しみに。

☆こだわりの託児プログラム

来春より、保育園後の夕方5時から7時までのこだわりの食育つき託児プログラムをスタートいたします。忙しいお母さま方の子育ての少しでもサポートとなればと思います。サービス内容は、追ってご案内申し上げます。対象2歳以上
[PR]
by iq-kids | 2011-10-31 11:19 | 小学校受験
答えられますか?勉強って何ですか。
昨日、レッスンの途中、ほんの一瞬外に出て見上げた空に、美しい「うろこ雲」
が、一杯に広がっていました。秋本番。受験も本番ですね。

近頃は、このメールマガジン、受験を既に終えられた方にも、引き続き読んで
頂いているようで、本当にうれしく身の引き締まる思いです。受験にとっては
最重要、そして、受験を終えられた方にも汎用性の高い内容をお伝えできれば
と考えております。

今日は、このところ、スクールの保護者の方や、生徒達に伝えている小話から。

・・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  ・ ・ ・ ・  ・ ・
「べんきょうって、何ですか?」

小学校受験を控えた年長さん達は、プライベートレッスンの際に、面接の練習
を始めています。その際の想定問答の中に、「勉強って、なんですか?」とい
う質問があります。これは、過去に南山小学校の面接の際に、実際に聞かれた
質問ですが、大人でも、なかなか答えるのが難しい内容です。

ローレンシャンスクールでは、一昨日の水曜日に、年長児のグループレッスン
の際に、勉強ってなんだろう?ということについて、実際に、みなで話し合っ
て頂きました。

こういう観念的、また、哲学的な質問をした際には、活発に発言できる子ども
と、そうでない子どもとに、はっきりと二種類に分かれます。発言できる子ど
もは、こちらの発問に沿いながらか、どんどん自分なりに考え、発言を発展さ
せていきます。

一方には、全く発言できない子どもも。その違いは一体何でしょうか?これは、
普段から、どれぐらい、これらに類似した会話を親子でしているかということ
につきると思います。

指示・命令、説明といった一方通行の発話ではなく、「これってどう思う?」
「なんでだろうね?」「どうしたの?」また、明確な答えのない事柄について、
一緒に考える。「どうして悲しいと、人は涙が出るの?」「天国って、どんな
ところ?」「犬は、ぼくたち人間の言葉がわかるの?」

親も一緒に考えてみる。そんな、会話そのものを楽しむやりとりを、普段から
時間をかけ、小さなうちからすることは、とても手間のかかることですが、大
変重要なことです。中学生ぐらいになって、いきなりそういった会話を始めよ
うとしても、子どもは面食らうばかりで、それまでの親子での土台がなければ
成り立ちません。

わたくしたちも、毎年この時期になると、いつも考えさせられます。「勉強す
るってどういうこと?」「頭がよくなるってどういうこと?」子ども達に伝え
らる明確な答えは、なかなか見つかりません。

先日、読んでいた本に、こんな事が書いてありました。「勉強ってなんですか?」
の問いに対する、一つの大きなヒントとなると思い、ここにご紹介させていた
だきます。古代中国の周の時代、皇帝が覚えなければならない六つの事柄があ
りました。『礼・楽・射・御・書・数』と表される六芸です。


「礼」とは、葬儀の仕方を覚えること。これは、目にみえない存在を知り、そ
れらと対話することを覚えることともいえます。

生物の中で、人間だけが、唯一葬儀を行います。人間に最も近いとされるチンパ
ンジーでも、抱いている赤ん坊が死んでしまった後、しばらくは抱いていますが、
やがて、その子どもが死んでいることがしっかりとわかると、道端に捨てるので
す。

動物達には、死と生の二種類しかありません。人間だけが、死と生の中間という
概念をもつのです。ですから、これは、人間が、人間たる第一歩であり、最初に
学習しなければならない事柄といえます。南山小学校でも、宗教教育の重要性は、
学校説明会等でも繰り返し語られています。


第二の「楽」は、音楽のことです。ド~ミという音階があります。その際、ドが
発せられる瞬間、聞こえるのはドの音だけです。
また、次のミの音が発せられる時には、既にドの音は消えており、実際に耳に聞
こえるのはミの音だけです。けれども、わたくしたちは、すでに消えてしまった
ドの音と、ミの音をつなげて、ド~ミという音階を理解します。

これは、過去の事柄と、現在の事柄をつなぎ合わせて、物事を一つの流れとして
考えられる思考力を身につけることを意味します。昨年の南山小学校の運動会見
学の際のブログにも書かせて頂きましたが、音楽についても、南山小学校では特
色ある教育がなされています。

第三の「射」は、弓を射ることです。これも、弓を射るという技術を覚えるとい
うことではありません。身体に意識を向けるということです。人間は、自分の体
のことを客観的にみることはできません。けれども、自分の身体が放った矢の動
きをみて、自分の体の軸がずれているとか、身体がひらきすぎているといった、
自らの体の状態を知ることができます。

思考だけではなく、自らの体と、適切にコミュニケーションが取れることも重要
なことです。南山小学校でも、昨年も、鉄棒など、身体についての課題が入試で
出題されました。

第四の「御」は、馬に乗ることです。こちらも同じく、乗馬の技術そのものが大
切なのではありません。これは、人間以外の生物とコミュニケーションをとるこ
とについて学ぶものです。言葉にたよらないコミュニケーションを学ぶことは、
自分以外の他者とのコミュニケーションそのものを学ぶ、大切な糸口となります。

コミュニケーション能力の重要性についても、南山小学校のパンフレット等で、
くりかえし書かれています。


6つの学ぶべき事柄の最後にやっと、書と数、いわゆる読み書きがでてきます。
今書いてきた順番は、それらの重要性にのっとっています。人として、また、一国
を統治するリーダーが学ばなければならないこととして、読み書きは、最後という
わけですです。

これらのことは、受験にとりくまれるご家族が、ご家庭でどんなことを大切に
子育てをしてきたかという重要な問いについてのヒントにもなります。また、
既に受験を終えられた方々にも、今一度、読み書き以外の先の4つの事柄の重
要性について、考えて頂きたいと思います。

この話は、スクールの保護者のみなさまにも、また、小学生・中学生の生徒にも、
早速お話しを致しました。とても難しいことですが、「物事の本質について」小
さな方から小・中学生の生徒たち、また、保護者の皆さまにとっても、ローレン
シャンスクールが、共に学び、共に考える場となるよう強く願い、日々のレッス
ンの準備にとりくんでいます。

明日土曜日は、学年の枠をこえて、日本の国の成り立ちについて学びます。

自国の歴史や成り立ちについて、日本には代表的な神話が幾つかありますが、大人
であるわたしたちが、それらを子どもに伝えられないというのは、
とても残念なことです。

「古事記」を幼児さんたちにも理解出来るよう、工夫をこらした感受性を豊かにす
るプログラム。こういった、これまでの日本の既存の教育で、見過ごされてきてし
まった、けれども、とても大切な課題を一つひとつに、これからも丁寧に取り組み
続けてまいりたいと思います。今後とも、みなさまのご支援とご理解を、何卒よろ
しくお願い申し上げます。

今年も受験が近づいてまいりました。メールマガジンも、頑張ってUPして参ります。

 ローレンシャン・インターナショナルスクール
 校長 中村 和世

月の美しい夜空をながめながら。自宅にて。
[PR]
by iq-kids | 2011-10-19 22:36