ローレンシャンスクールの南山小学校受験対策

ローレンシャンスクールの知恵と経験を、現場からの生の声と共にお伝えしていきます。
by iq-kids
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
全体
幼児教育
小学校受験
グローバル教育
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
links
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧
新年 明けまして おめでとうございます!

新年あけまして おめでとうございます!

 毎年、お正月には、それぞれの教室に沢山の年賀状が届きます。
 在校生の方々からはもちろんのこと、卒業した生徒の方から、また
 卒業生の保護者の方々からも、沢山の年賀状が届きます。

 在校生の方々から頂いた年賀状は、どれも、とても素敵なものばかり
 で、毎年教室にずらりと一面に貼らせて頂いております。
 (ご住所などは、見えないように付箋をつけています)

 文字が書けるような学年の方からの、おかあさまに手伝ってもらい、
 やっと書かれたご様子のかわいらしい文字の宛名や「ことしも、べん
 きょうがんばります」などのご挨拶が、大小さまざまな文字で書かれ
 た年賀状は、見ているだけで、大変嬉しい気持ちになるものです。

 毎年、この時期になると、必ず思い出すエピソードがあります。

 私の大変親しい友人の一人で、フランス文学の研究者をしているMさん
 のエピソードです。

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 彼女は現在でも大変人気のあるD幼稚園の卒業生ですが、彼女が幼少時
 にお世話になった先生(現在は園長先生をされていらっしゃいます)に
 数年前に久しぶりにお目にかかった際のことです。その当時、彼女は、
 彼女の博士論文のテーマについて、行き詰まりを感じていたときで、
 ご両親とも、そのことが多かれ少なかれ関係して、ぎくしゃくしていた
 ようでした。

 彼女は長くパリに住んでおりましたので、その園長先生にお目にかかる
 のは、久方ぶりのことであったそうですが、お目にかかって、ものの数
 分、彼女はとくに自分の現在の悩みなどを、打明けたわけでもなかった
 そうなのですが、園長先生が、さらりと、「あなたは、自分の信じる道
 を・・・(中略)・・・。きっと、ご両親も、あなたのこと、理解して
 くださっていらっしゃるはずよ。」と、彼女がまさに、最も必要として
 いた言葉を、まるで彼女の現在の状況や心の中を見透かしているような
 タイミングでかけてくださったそうです。

 彼女はその園長先生のお言葉のお陰で、迷いが晴れたと言っていました。

 わたしはそのエピソードを聞いて、彼女が、わたしが持っていない大
 きな大きな宝を一つ持っていることを大変羨ましく思うと同時に、それ
 は、兎にも角にも、ご両親、とくにお母様のご尽力によるものと、つく
 づく己の役割とできることの大きさにつてい考えさせられたものでした。

 幼児期に、お世話になった先生との永きにわたるお付き合いと言うのは、
 そのお子様にとって、大変大きな財産になりえるものであることを、こ
 のエピソードを聞いて、改めて思いました。

 教室でも、幼児期からお預かりしているお子様とというのは、思春期の
 難しい時期に入ってからも、「そんなことをしていたら、お母様が悲し
 みますよ!しっかり、しないとだめじゃないの!」と、男の子でも、女
 の子でも、背中を押して強く言うこともできますし、大人になった後
 も、小さな頃から知っているからこそお伝えできる言葉かけがあったり
 するものです。

 表面的には、いろいろな変化がありますが、三つ子の魂百までとはよく
 いったもので、幼児期のお子様の、お一人おひとりの個性というのは、
 案外変わらないものです。その良さも悪さも、小さな時からそのお子様
 をよくよく見てこられた園長先生には、彼女の顔色を見ただけで、彼女
 が一体どのような心理状態にあるのか、どのような言葉掛けが、彼女に
 とって一番有効であり、また、何が状況の進展を阻んでいるのか、

 -多くの場合、物事が上手く進展して行かないときは、状況そのものよ
 りも、状況に対する取り組み方にヒントがあったりするわけです。です
 から、そういう人生の岐路にたったとき、小さな頃から自分のことを知
 ってくれて、心の底から自分の味方でいてくれる人からの言葉がけとい
 うのは、

 ご両親のように、いつも傍にいてくれる人ではないけれど、だからこ
 そ素直に耳を傾けて聞けるということがあるのだと、しみじみ思った
 ものです。

 ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

 親ができることというのは、もちろん、日々の生活の面倒をみることから
 躾や世の中の常識をおしえることまで、本当に大小さまざまなことがある
 と思いますが、実は、この、

 『自分の子供の味方、それも、将来の永きにわたり、我が子のことを親身
 に考え、必要なときには心からのサポートをしてくれる大人をどれだけ
 用意する事ができるか』というのは、親ができる、実は最大で、しかも、
 最も重要な事柄の一つではないかと思います。

 スクールで受験のお手伝いをさせていただいていると、お子さまだけでなく、
 ご両親や、おじいさま、おばあさまともお目にかからせていただく機会も
 多くございます。(12月に行われたクリスマス・チャリティーパーティー
 にも、多くのおじいさま・おばあさまがお洒落に着飾ってパーティーに参
 加してくださいました!)

 ご家族の方々の中で、沢山の愛情を注がれて育ってこらえた過程を、共に
 みさせて頂く機会を頂戴している私どもの役割を、新年に頂いた年賀状を
 眺めながら思いますとともに、

 保護者の皆様方には、改めて、そういった事柄の大切さについて、年の初め
 のご挨拶のこの季節に、考えて頂けましたらと存じます。

 これまで、お子様が習い事などされた先生や、お世話になった先様へ、ご
 縁が少し遠くなっても、続けてご挨拶などされていらっしゃいますか?

 さすがと思われるご家庭は、みな、そういった事が大変しっかりなされてい
 らっしゃいます。

 上述の友人のMさんも、きっと、お母様が、年賀状などのご挨拶を欠かさず
 わが子にさせていらっしゃったのだと思います。
 
 内助の功とは良く知られた言葉であり、夫がお世話になっている、また、こ
 れまでお世話になってきた方へのご挨拶は、その内の一大仕事であることは、
 申し上げるまでもないことですが、お子様の未来にむけての、そういったお
 仕事も、実はお母様の大切な大切なお仕事の一つであり、それお子様に教え
 ていく事もまた、大変重要なお仕事の一つではないかと考えます。

 気になる方が、お見えになられましたら、今からでも遅くはありません。

 季節のご挨拶状など、出されてみては如何でしょうか?お手紙をお出しする事
 は、大人にとっても、お子様にとっても、大変よい勉強の機会にもなりますか
 ら、得るものにも、学ぶものにも、きっと大きな第一歩に繋がるものと存じま
 す。

                   ローレンシャンスクール  校長
                         中村 和世

 ローレンシャンスクールHP:http://www.iq-kids.net/

 スクール行事:1月11日鏡開きと歌会初め(スクール生対象)
        1月31日(日)10:30~ 入校説明会(要ご予約)
[PR]
by iq-kids | 2010-01-07 22:22