ローレンシャンスクールの南山小学校受験対策

ローレンシャンスクールの知恵と経験を、現場からの生の声と共にお伝えしていきます。
by iq-kids
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
全体
幼児教育
小学校受験
グローバル教育
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
links
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
母親の品格
           母親の品格

今日は、週に一度のお茶のお稽古の日でした。


2年ほど前から、ローレンシャンスクールの卒業生でもあり、今は大切なスタッフの一員
でもある さり先生(ふだんはさりちゃんと呼んでいます)も同じ社中でお稽古を始め、
スクールのレッスンのあと、一緒に向かいました。

お稽古に向かう車の中で、今度から、彼女が門をたたく、あるお家元への件で話をしま
した。

さり先生は、大学在学中から様々な活動や分野に興味をもち、なかでも、香りについて、
彼女オリジナルの発想で、医療やセラピー、また表現の現場であったりと、活動や人脈
を広げています。さまざまな活動から得たインスピレーションは、スクールのオリジナル

プログラムにも反映され、昨年度は、五感を目覚めるシリーズで、香りを言葉や色にす
るなどの楽しいレッスンを行いました。

興味の対象は、このお正月に共に伺った、香道の初香のお席をきっかけに、西洋に留
まらず、東洋にもおよび、このたび、共にお世話になっているお茶の先生のお口添え
で、お家元の門をたたくことになりました。

先生のご紹介で、お家元の門をたたくことになれば、強い気持ちと覚悟をもって臨まな
ければなりません。「中途半端な気持ちでは務まらず、どんなことがあっても、死ぬま
でお月謝を払い続けるというような覚悟でもって始めてください。」

そのように、彼女に伝えるように、お茶の先生から申し渡されていた内容を、彼女に伝
え、意思を確かめました。

彼女の反応は、上述のような、強い言葉に対しても、

「それは覚悟を決めています。昨年の夏に、表千家のお家元にお勉強に伺った時も、
日本の「道」というものの姿について、学ばせて頂きました。」

と、真っ白で抜けるような肌とブラウンがかった可愛らしい瞳に似合わぬ、強いまなざし
で、はっきりとそう答えました。

その言葉が、形ばかりのものではないことは、彼女が、ローレンシャンスクールの生徒
だった頃のお母様のご様子からも、推察することができました。


彼女がローレンシャンスクールの生徒だったとき、ある時期、事情があって、スクールを
お休みしているときがありました。通常であれば、その間のお月謝を免除してもらうよう
なお申し出があると思いますが、彼女のご両親は、「こちらの勝手都合ですので、その
間も籍を置かせて下さい。」とおっしゃられました。

「こんな話を書くなんて、品がないわ」と、思われた方がいらっしゃるかもしれません
ね。(ブログの記事で書く、さり先生の了解を得ています。)でも、お金の価値観も、
実は、我が子に伝えていかなけれなならない、家族の大切なDNAの一つと考えます。

金額の多い少ないに限らず、その扱いには、そのご家族の品格が、実は最も端的に出ると
ころでもあるのです。


  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・


わたくしどものスクールは、小学校受験をめざす方も多く、お母様方は、お子様の小
手先の成績Upなどに、目が向きがちですが、考えていただきたいのは、小学校受験な

どを通じ、親の生き方や姿というものが、どれほど、子ども達にとって、重要な生きる
指標となっているかということです。


スクールの送り迎えの時などは、お母様方にも服装を気をつけていただいております。

習い事のお教室は、大人にとっては、改まった場ではないと考えられるかもしれません
が、通っているお子様にとっては、お行儀から、季節のいろはに至るまで、襟をただし

て学ぶ場です。高価なお洋服を着てくる必要はありませんが、公園から帰ってきたまま
のどろどろのお洋服ではいけません。


また、お母様方にも、豹柄や魔女のような爪は控えていただいております。外国にいけ
ば、豹柄や長く伸ばした爪は、特定の種類の女性と勘違いされても文句は言えない服

装です。そういった衣服のTPOについても、知らず知らずのうちに、子どもたちは、親
の服装が基準になっていることを、特に母親は自覚しなければなりません。


スクールも遠方から通われる方のなかには、やむなく一休みをされる方もおみえになら
れますが、きちんとしたご家庭の方々からは、年賀状や、また、南山小学校の運動会な
どの入校許可証などをもって、ときどき、様子をお話にきてくださいます。


そういう親の姿勢を、子どもたちは、実は見ていないようで、しっかりと見ていて、その
身体に叩きこまれています。そういった行いの一つひとつが、知らず知らずのうちに、そ
のお子様が大人になったときの、一つひとつの行動の指針となり、軸となってくるわけで
す。


子育てと言うのは、ほんとうに責任ある、そして、全身全霊を傾けて取り組むに値する、
一大事業です。


母親であること、その姿や言動は、母としての品格に満ちているだろうか、この姿は、
子どもにとって、人生の指針のひとつとなりうるものであろうか。


  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・


6月には、例年通り、南山小学校の学校説明会が行われます。

今一度、「子どもがどうなのか」、ではなく、自分自身の日々の行いの一つ一つが、礼節
と品格に満ちているかどうかを、立ち止まって考えることは大切なこと。そんなことを、
今日のさり先生とのやりとりから考えました。


たかが、小さな子どもの通うスクールです。けれども、そういった、ときの対応のひとつ
一つに、その方の普段の生きかたが現れています。

細部にこそ、魂は宿るもの。

わたくしどもも、レッスンでのひとつ一つの言葉かけ、行動が、すべて、子ども達のお手
本として恥ずかしいものではないだろうか、大いなる反省とともに、明後日からのGW
プレサマー講習会、がんばって参りたく存じます。

                          ローレンシャンスクール
                          校長 中村 和世

    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆   ☆   ☆    ☆   ☆

GWプレサマー講習会:

4月29日~5月8日まで、全10日間、20レッスン。
5月1日は年長児対象の小学校受験全国模試、また、5月8日は南山小学校受験
対応模試を行います。
[PR]
by iq-kids | 2011-04-27 18:12
<< GW & 夏のお知らせ諸々        『みんなでがんばる』 >>